武術

武術探究ブログ/2010-11-07

Top / 武術探究ブログ / 2010-11-07

本日の稽古

「脳内イメージ」で書いてしまったので、
大きな動作は「吹っ飛ばす」ことで、
細やかな動作は「弾く」こととして見てください。

大きな動作にも慣れてきたので、
今まで養った細やかな動作も入れて、
調整段階に入っています。

注意して行うこととしては、
大きな動作で行う時のほうが、
細やか動作で加減している時よりも、
「気沈丹田」や「スピード」を要するので、
身体各部が正確に作用していないと、
相手に力(勁)が上手く伝わらないので、
止められたり、
往なされたりします。
(ゼロ距離から行っています。)

しかし、
きちんと伝えることが出来れば、
簡単には防ぐことのできない、
強力な一打になります。



コメント


認証コード(0041)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional