武術

武術探究ブログ/2010-07-06

Top / 武術探究ブログ / 2010-07-06

滞らない流れ

「力を出す」というのは、
力んで筋肉に働きかけるのではありません。

高度な力を発するには、
力を抜いて力を出す、
いわゆる「用意不用力」が重要なことは、
先日記しました。

具体的にどうかというと、
まず力を抜くことで、
相手の力を引き込み、
程好く弦が引けたときに、
意を持って矢を放つようにします。

そのためには、
身体各部の要領が欠かせません。

まずは、
無駄な力を発揮しないように、
固定させる練習から始めることが大事です。

いわゆる、
「菩薩の手」とか「狐の形の手」といわれる、
中指と薬指を曲げた状態で、
腕を固定するのが第一歩となります。

そして後に、
伸張に至ります。



コメント


認証コード(2982)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional