武術

武術探究ブログ/2010-06-25

Top / 武術探究ブログ / 2010-06-25

「後の先」について

今回は、
現状における「後の先」についてです。

今の段階で考えている「後の先」は、
相手が力を出し切った状態から、
相手に力を返すやり方です。

「先の先」の時と比べ、
相手側が力を出し切ったところを返すので、
多少難易度が上がります。

なので、
練習時や、
講座等で技を披露するときは、
「後の先」で行うようにしています。

そうすることで、
自由組み手の時に「先の先」を行うことが、
非常に楽に感じるようになります。



コメント


認証コード(6488)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional